BLOGブログ
BLOG

『仏壇』

2018/08/20

海洋散骨をお勧めしていながら仏壇の話をするのは矛盾に感じる方もいると思います。

私は、供養の方法は人それぞれでいいと思います。大切なのは、ご先祖様、故人を思う心、感謝の気持ちさえ忘れなければいいと思います。

仏壇を家に構え、心静かに供養が出来ればいい事です。

ご遺骨を海原に還して、故人を偲べればいい事です。

この先、長い年月、ご先祖様、故人に対して感謝し、供養を忘れづ続けることが大切なのです。

さて仏壇とは?

お仏壇には扉があり、その内に障子があり、その奥に須弥壇があり、その上には宮殿があり、ご本尊が祀られています。

宮殿と須弥壇は寺院の本堂を、障子は本堂と内陣の境にある巻障子を、扉は山門を見立てたものといわれています。

すなわち、お仏壇とはお寺を、仏様の住まう世界を家庭に再現したものであり、お位牌をその傍らに安置した現代のお仏壇は、亡くなられた方にご本尊の加護を受け安らかに住して頂きたいという心の具体的な形なのです。

ご先祖様があって今日の自分が存在する事実。

ご先祖に見守られている安心感と生きていく上の礼節。

これを知るのもお仏壇の前ではのことでありましょう。

私たちは、お仏壇に合掌する姿こそ家庭の幸福の中心であり、それが世界の平和につながるものと信じ、荘厳高貴なお仏壇を、真心こめてご案内をさせて頂きます。


リアン株式会社
121-0053 東京都足立区佐野1-14-19 
TEL 03-5856-1091 FAX 03-5856-1092
代表取締役 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp