BLOGブログ
BLOG

海洋散骨・手元供養の取り扱い

2018/08/31

昨日、当社にこれから海洋散骨を仕事として始めたいという方が来社されました。私は初めに、どのような動機で始めたいのか?仏事の仕事、知識はあるのか?を聞いてみました。

海洋散骨は、供養の一つですが、海洋散骨を選ばれるお客様の心は様々です。そこで私たちが仏事の知識を無いままに施行されることはお勧めしません。

私は冠婚葬祭業40年ほど携わってきました。その中で何故、今、海洋散骨が選ばれるのか?そこには時代の流れや世の中の状況の変化があるのです。

しかし我々は本来の仏式、神式等の風習を忘れてはいけないのです。このような知識を持ちながら散骨や手元供養をご案内していかなければ、ただのものうりになってしまいますし、心が通じません。

その方には、まず現状の葬儀のありかた、葬儀の歴史、何故、家族葬が増えているのか?

そして手元供養は、何故、増えてきているのか?何故、必要とされているのか?等をご自分で調べてみてくださいと伝えました。

教えるのは簡単です。自分で調べてみるという行為が大切なのです。

そこで本当にやってみようというのであれば、そこで改めて相談にのります、と伝えました。

散骨業者が増えることは良い事だと思いますが、軽い気持ちで始められては私たち協会としてもイメージ低下につながります。又、協会として行っているガイドラインが無駄になると言う事です。

これもすべてお客様の為なのです。

お客様一人ひとりの最適な供養を心がけて行きましょう、とお別れしました。


リアン株式会社
272-0023 千葉県市川市南八幡3-18-2 メゾン八幡204
TEL 047-321-6883 FAX 047-711-1631
代表取締役 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp