BLOGブログ
BLOG

散骨アドバイザーとは?

2018/12/05

必要な理由

海洋散骨の需要の高まりに伴い、様々な業種から海洋散骨の受託事業に参入する事業者が増え、海を生業とする方々とのトラブルや、環境保全、乗船客の安全確保などの観点から問題となる海洋散骨が行われる可能性が指摘されています。

 また、日本国内では、海洋散骨を行うにあたって、特に届出や許認可も必要ないことから、個人による自己判断で散骨が行われている事例も相当数あるといわれています。

故人の希望を叶えるという想いが、不確かな知識や判断で、想定しないトラブルに巻き込まれてしまっては本末転倒です。また、一部の事業者や個人の問題となる海洋散骨がきっかけで、その海域を含む地域で散骨が禁止されるといったことも想定されます。そこで、そのようなトラブルから故人やご遺族を守り、安心・安全な海洋散骨を提供し、普及させていくために水先案内人が必要とされています。

海洋散骨アドバイザーは、時代の要請と共に生まれた新しい資格ですが、超高齢化社会を迎えるこれからの社会で、遺骨の行先という課題に一緒に向き合う人材として今後必要な場面は多岐にわたると考えています。

私達アドバイザーは、海洋散骨に関する体系的な知識をもって、アドバイスをします。

海洋散骨を受託し、日本海洋散骨協会の加盟業者として、ガイドラインに遵守し施行を行います。


リアン株式会社
121-0053 東京都足立区佐野1-14-19
℡/Fax 03-5856-2294
代表取締役社長 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp