BLOGブログ
BLOG

これからの海洋散骨

2019/02/28

現在、海洋散骨のニーズが増えてきています。とは言え、全体の数パーセントですが15年前から比べれば二倍増の勢いです。それに伴い散骨業者も増えています。

更に異業種からの参入が目立ちます。

気を付けて頂きたいのは異業種からの参入は大歓迎ですが、仏事の知識を持ったうえでの参入でしたら大歓迎です。ただ、ニーズが増えてきているからと安易な考えでの参入は好ましくありません。

そして供養の心をもってお客様に接して頂きたいものです。

正直、セレモニー自体、何処と比べても変わりはないように見受けられます。大切なことは、仏事の知識を持って、供養のこころがあり、そのうえでセレモニーをしているかがポイントです。

日本海洋散骨協会のガイドラインを見てください。

環境問題を重要視しています。これも大切な一つです。

ガイドラインに則ったうえでお客様の要望を受け入れています。だから、この先、法整備が引かれたとしても、何ら問題はありません。

そして漁業関係者、海浜公園等に対しても十分な理解を得て行っております。

事業だから、お客様の希望だからと言って何でも取り入れるという事はしません。

あくまでもガイドラインに沿って施行をさせて頂くことが周囲に対しても、お客様に対しても気持ちよく施行が出来るという事ですので、ご理解いただきたいと思います。

 


リアン株式会社
121-0053 東京都足立区佐野1-14-19
℡/Fax 03-5856-2294
代表取締役社長 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp