BLOGブログ
BLOG

NPOこころのやすらぎ

2019/07/08

ネット新聞で【格安葬儀で失敗、そして後悔】という記事がありました。

私は結婚式場に20年、葬祭関係に22年の業務についてきました。その経験で言うと「説明を聞いたうえでお願いしているので、なぜ、失敗と思ったのか?なせ後悔しているのか?」と思います。多分、イメージと違ったのでしょう。そして業者側から沢山のオプションを勧められたのでしょう。

まず、結婚式も葬儀も一般的な基準の定価が無いのです。業者側が原価から割り出し、独自の定価を設定しているのです。ですから当然、他社との比較は絶対に出来ません。

冷静に考えてみてください。A社の祭壇セット30万、B社の祭壇セット30万を比べてみてください。デザインは違い、それぞれ特徴も違い、花祭壇なら花の種類持ちがい、これをどのように比較するのですか?

そして、葬儀式、通夜式を行うと最低限の費用は掛かるのです。そして、皆さんは、家族葬、一日葬、良い方は聞き映え良いのですが火葬式※火葬のみ これらすべては一般葬費用から個々の商品、サービスを省きながら低価格になるのです。

以前、区民葬でお願いしたら、弔電を読んでくれなかった、とクレームを聞きました。当然です。区民葬には司会進行がセットに付いていないのですから弔電も読む事はしません。

クレームを付けたお客様は、施行を担当した葬儀社より「消費者センターへ訴えたら、どうですか」と強気に言われていました。消費者センターへ訴えても、これは葬儀社が正しいと言われるでしょう。

格安葬儀は、それりの葬儀なのです。

自分が、どのような葬儀がしたいのか?葬儀社との細かな打合せが必要だと思いますが、非日常的な事なので難しいとも思います。

葬儀社の選び方や葬儀のイメージ、どの程度の葬儀がしたいのか?

是非、ご相談ください。

因みに、私は葬儀社ではありません。だから冷静かつ客観的に判断やアドバイスが出来るのです。


リアン株式会社
272-0023 千葉県市川市南八幡3-18-2 メゾン八幡204
TEL 047-321-6883 FAX 047-711-1631
代表取締役 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp