BLOGブログ
BLOG

東京散骨 羽田沖

2019/07/15

先日、東京で散骨を行いました。

今年の3月頃より、今まで散骨を行っていたポイントでは、出来なくなりました。

理由は、2020年の東京オリンピックが有るからです。今まで勝どきを出航してゲートブリッジを越えて左に東京ディズニーランドが薄っすら見えるポイントで散骨を行っていましたが、そのポイント周辺がオリンピックのボート会場になるという事で現在、整備をしているところです。従って散骨に限らず、制限されているのです。

但し、同じ東京湾ですので凪は安定していて、今まで通り、とても散骨がしやすいですのでご安心を。

現在は、羽田沖で散骨を行っております。

もう一つ、最近の変化ですが、散骨をされるお客様の中でお墓問題の話が多々出るようになりました。

①墓守がいない

②墓じまいしているので、それが終わってから散骨を申し込む

③お墓を移動するので、その際に遺骨の一部を散骨出来ないか?

④樹木葬にするか?納骨堂にするか?悩んでいる

 

③の場合ですが、長年お墓に納めていた遺骨は、湿っていて、散骨する際には、まず、洗浄という作業が必要です。その後、感想という作業に入ります。そして初めて粉骨作業に入ります。

もちろん遺骨の六価クロム検査、ヒ素検査は当然行います。

ですから、通常の粉骨と比べて洗浄料金が別途かかります。

私たちは、環境基準を守り、施行を行っていますのでご理解ください。

リアン株式会社 若狭


リアン株式会社
121-0053 東京都足立区佐野1-14-19 
TEL 03-5856-1091 FAX 03-5856-1092
代表取締役 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp