BLOGブログ
BLOG

猛暑での海洋散骨

2019/07/30

ようやく夏の暑さが増してきましたね。

先日まで、この寒さは7月と思えないぐらい寒い日が続きました。

尚更、身体がこの暑さに着いていきません。本当に熱中症になりそうです。

オープンクルーザーの個人散骨が好評ですが、この暑さが直接、身体に浴びるので要注意です。

船会社には、お客様の要望で布製の屋根を付けて頂き、直射日光を遮断して頂いています。

散骨ポイントまで往復1時間強ですが、身体に当たる暑さはかなりのひびきます。

しかし、屋根を付けるだけで清々しい風に代わり、だいぶ体感温度が違ってきます。

お客様には乗船する前には十分な水分補給と体調を万全にして下さいとお伝えしています。

海上での暑さは時に清々しく感じますが、知らない内に体力を奪っていきますので気を付けてください。

大型の船ですと船内はクーラーが効いていますので安心ですが、デッキに出るときは先程述べたように要注意です。

大切な故人様の供養ですので心に残る、納得のいく供養をする為にも、お客様自身が健康でなければなりません。

散骨を行ったおかげで体調を崩されては元もこうもありませんからね。

私たちも一生懸命皆様のご供養をお手伝いしてまいりますので、くれぐれもご自身の体調を整えていてください。


リアン株式会社
121-0053 東京都足立区佐野1-14-19 
TEL 03-5856-1091 FAX 03-5856-1092
代表取締役 若狭孝男
https://sankotu-funkotu.jp